自分の理想とする会社作り|会社設立のために必要なこと

女の人

巨大マーケットを狙う

インドネシアで会社設立を実施する場合には、株式会社として設立する必要があります。会社設立には2人以上の出資人と約款を準備し、最低出資金として25億円を現地法人口座に払い込む必要があります。その後、インドネシア法務省で登記手続きとなります。

積み木

宅配スタイルで成功を掴む

宅配コンサルタントのサービスは、相談会やセミナーなどに参加することが条件となっている場合があります。このようなイベントに参加してサービスの内容を知ることも、信頼出来る会社を見つけるための大切な準備です。

相談

海外に進出しよう

近年、インドネシア進出を検討する会社が増えています。インドネシアは人口が多く、物価が安いので、経費を抑えて労働者を確保しやすいからです。インドネシア進出をサポートする、コンサルティング会社も増えており、市場調査、会社設立、通訳や翻訳など、必要な業務をポートしてくれるので、人気になっているのです。

アドバイスをもらおう

ビル

慣れている会社に託す

いつか会社を設立したいと考える人は、特に男性に多くなっています。また、せっかく会社を設立するのなら、日本の中心地である東京がいいと思うものです。そこでまず、会社設立に必要なものを少しずつ準備していきましょう。東京で会社設立となると、地方で設立するよりも費用がかかります。それはもちろん、東京の地価や物価が高いからです。まずは、東京のどの辺りに設立するのか検討しましょう。それから、会社設立に詳しい人からアドバイスをもらうことも大切です。東京には会社設立の手助けをしている専門会社もあります。このような会社に協力してもらえれば、手続き関係もスムーズにいきやすいので探してみましょう。場合によっては資金の援助や立地場所探しなど、いろいろと手伝ってもらうことも可能です。基本的には、資金繰りと立地場所探しがメインとなります。それには人脈も必要です。どんな職種であっても、同業者と仲良くし、コネを作ることで事業展開もスムーズにいくようになるからです。資金繰りに関しても人脈があれば、資産家を紹介してもらえることがあります。それから、東京は地価が高いこともあり、最初から自社ビルの建設は難しいものがあります。ある程度、事業が軌道に乗ってからにしましょう。最初は、オフィスビルの一室を借りる程度にとどめておいた方が無難です。その代わり、仕事に都合の良い人気の立地場所を選ぶようにします。誰でも訪問しやすい駅近くで探すことをお勧めします。