自分の理想とする会社作り|会社設立のために必要なこと

男の人

巨大マーケットを狙う

相談

現地で株式会社を設立する

近年、インドネシアは高い成長率を持続しており、ビジネスの世界で東南アジアの中でも特に注目されています。理由の一つに挙げられるのが、世界第4位となる2億4千万人の人口で形成される巨大マーケットです。この巨大マーケットを狙って日本企業の進出も増えてきていますが、インドネシアの現地で会社設立を行う場合に必要な費用と手続きを説明します。海外での会社設立は、現地法人と日本法人の海外支店、他に駐在員事務所が一般的ですが、インドネシアでは特定の業務以外に海外支店と駐在員事務所が認められていません。日本企業がインドネシアで現地法人として会社設立するためには、株式会社として設立する必要があります。インドネシアでは、外資100%でも1%でも会社設立が可能ですが、業種によってはネガティブリストと言って、資本比率の制限を受ける場合があります。ネガティブリストについては、事前にインドネシア投資庁で確認することができます。会社設立には2人以上の出資者を必要とし、会社登記を目的とした約款を作成して用意します。この株式会社は法律上で、最低資本金100億ルピアが規定されていますが、実際に現地法人口座に払い込む最低資本金は25億ルピア(日本円で2500万円)となります。資本金の支払いが済んだ後、インドネシアの法務省で登記手続きが完了すれば、会社設立の形となります。他にも多くの細かな手続きが存在しますが、手続き代行業者を利用することができます。