HOME>口コミ>借地権トラブルに合って専門家に頼った方々の意見

借地権トラブルに合って専門家に頼った方々の意見

土地

不動産や土地のことなら専門のプロに依頼する方が良いでしょう。プロに任せて良かったと思える口コミをいくつか紹介しているので、きちんと読んでから土地や不動産に関する情報を調べましょう。

口コミ一覧

よくわからなかったので、プロに相談して良かったです。(40代 女性)

よくわからなかったので、プロに相談して良かったです。法人を経営している45歳の女性です。以前は、個人で美容業を営んでいて、相当貯えができ次の事業展開を考えて、土地を購入してあります。利益が多額になり、法人成りという方法があると聞いて、自分で調べながら何とか株式会社を設立しました。法人になったのを機に、購入してあった土地に法人名義で事業所を建築しました。その後も事業は順調に推移し、そろそろ税理士を頼もうとしたときに、税務署が調査に入りました。毎日の記帳はしてありましたが、税務署は借地権を認定すると言ってきました。意味がよくわからず、依頼しようとしていた税理士に相談しました。すると、社長個人の土地に法人の建物を建てると、法人が借地権を社長からもらったことになると説明を受けました。税理士は、無償返還の届け出という書類を提出しただけで調査は終わりました。提出書類が何を意味しているのかわかりませんが、とにかくプロに相談して良かったです。

弁護士さんを紹介してくれた。(50代 男性)

弁護士さんを紹介してくれた知人に感謝しています。ようやく50歳になりマイホームを手に入れることができました。父親として、また夫として長年の夢で、この日のために長年サラリーマンを務めてきました。土地を取得した時、定期借地権といった文字が契約書に書いてありましたが、内容がよくわからないまま、月々の賃借料を支払えばよいと考えていました。建物が建った時、突然、地主から、建物を建てることで借地権が発生したので、その権利金を支払うよう督促されました。権利金の金額によって月々の借地料がちがうとも言われました。ただ、賃借料を毎月一定額支払えば良いと考えローンも組んだのですが、全く予定と違いました。場合によっては、マイホームを手放すことまで考えましたが、知人から弁護士を紹介してもらい、借地権について説明を受けました。さらに、銀行のローンも弁護士に手伝ってもらい、無理のない返済ができるように見直してもらい、無事、マイホームでの生活が続いています。